MENU

ドトールのバイトは未経験でもOK?応募前に考える3つのポイント

ドトールのバイトで一番心配なことって、やっぱり「未経験者」でも働けるのか。答えはここで出しちゃいますが、問題なく働けますよ。ただ、

働く前、もっと言えば応募前によく考えるべきことがあるんです。

目次

ドトールのバイトは未経験者でもOKだけど

大変です、すごく大変。特にバイト自体が初めてなのに、初バイトがドトールなんてなると、無茶苦茶大変です。というか私のことです、これって。

すんごい大変でしたよ。この話は別のところで話すとして、ここから下は3つのポイントを伝えていきます。目次的になりますが、伝えることは以下の通り。

  1. バイトを続けていけるか?
  2. 元気よく挨拶ができるか?
  3. 人の話に素直に耳を傾けられるか

それでは行きましょう。

 

1.バイトを続けていけるか?

真っ先にこれが出てきます。ドトールというより、他のバイトもそうですが、長く続けていけるか。これはとても大事。

バイトを長く続けるメリットって人によって違いますが、長く続けるほうが楽しみも増えます。常連さんと仲良くできたり、人に何かを教えられるようになったり、コーヒーの知識が付いたり。

 

同じ時間帯で働くバイトの人と仲良くなって、定期的に遊ぶ仲間になったりということもあります。でも、そうなる前に自分に合わないからと、辞めてしまう人もいるんですね。

確かに不向きだと感じた場合は、無理して働いてもストレスになるので辞める選択は正解です。しかし、それが数回働いたくらいで辞めるのは、正直どのバイトでもやっていけないでしょう。

そうならないように、しっかり採用された後も働き続けられるか。ということを念頭に置いて、応募をしてみましょう。

 

2.元気よく挨拶ができるか?

いらっしゃいませ!レジがあるバイトであれば、絶対に必要な接客。その時に、元気な声を出すことができるのか。小学校の頃とかにあいさつをすると、こんな経験ありませんでしたか?

声が小さーい!もう一度!私はありました。もし、自分が入店した時のことを考えてみてください。あんまり元気の無いお店って入りたく無いと思いません?

 

暗い店だとチェーン店って人が寄り付かなくなっちゃうんですよね。だからこそ、大きな声で人が来た時にいらっしゃいませー!というように言えるかどうかは、非常に重要なことなんです。

あ、あと笑顔もめっちゃ大事なので忘れずに!

 

3.人の話に素直に耳を傾けることができるか

黙って聞いていれば良い、というわけではありません。人と話すときって、聞き流さない限り相槌を打ちますよね。「うんうん」とか「そうだよね〜」とか。

バイトでも適切な相槌が必要なのは変わらないんですよ、面倒かもしれませんが。ドトールのバイト未経験であるあなたには、必ず指導してくれる人が付いたりします。

 

その時に分からないことがあったら、聞きますよね。そうしたらパートナーの人は、あなたの質問に対して適切に答えてくれます。

でも、黙々と聞いているだけだと、相手も本当に理解しているか不安になってしまうんですよね。実際、さっき話した相槌の話を私生活で思い返してみてください。

 

自分一人が黙々と喋っている場合、何か変な気持ちになりませんか?本当にこの人は、私・オレの言っていることを理解してくれているのだろうか、と。

それを考えたら、適切に相槌を打ったり、オウム返しで「○○ですね」と確認するのが、人の話に耳を傾ける姿勢なんです。

これは私生活のみならず、バイトのみならず学生なら後の仕事にも関わってくる姿勢なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

未経験者は、実は大きなチャンスである!

未経験はチャンス

未経験者って絵で例えると「真っ白なキャンパス」なんですね。これから何色にでも染め上げられて、どんな風にでもすることができます。

スタバで働いていた人がドトールで働く。ドトールで働いていた人がスタバで働く。一見すぐに適応できそうですが、実際には感覚のズレがあるため、そこそこ時間が掛かります。

 

一方、何も知らないあなたが仕事をする場合は、最初こそ少し大変かもしれません。しかし、慣れていけば慣れていくほど業務の効率化を図ることが可能。だからこそ、未経験者はどの業界でも「辞めなければ」歓迎されれるのです。

 

そして、まずはチャレンジっ!

この記事で伝えましたが、私は初めてのバイトがドトールでした。だからこそ言えるのですが、まずはやってみないと分かりません。

数ヶ月くらいドトールでバイトしてみて、向かないと感じたら辞めればいいでしょう。辞めたとしても、辞めるまでに働いた分の給料は貰っているし、辞めた時までのは翌月で支払われますからね。

 

それよりも、未経験で人に迷惑をかけてしまうのではないか。私・オレにはドトールのバイトは向いていないんじゃないか、と思うほうが損でしょう。

バイトにチャレンジすることで、別の可能性が見えることだって十分あります。もしかしたら、ドトールで働くことが天職かもしれない、と思うこともあるかもしれませんね。

 

だから、働く前から決めつけないで、応募して働いて確かめてみて下さい。受かる受からないは抜きにしても、まずは応募しないと始まりませんからね。

悩んでいるのであれば、早速応募してしまいましょう!そうしたら、嫌でも面接に行くことになりますからね(笑)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる