MENU

ドトールのバイトで絶対に採用されるための志望動機について!

ドトールでバイトしたいけれど、ウワサでは何か採用倍率が高い。というような話を耳にして、知恵袋などで質問している人を見かけました。

ドトールで働きたい人のために、絶対に採用される「志望動機」をまとめてみました。ぜひ、採用のために参考にしてみてください。

目次

ドトールのバイトで絶対に採用されるための志望動機

  • 正直にハッキリと嘘偽り無く
  • 何か1つでも武器を作っておく

この2つがとても大事になります。

 

正直にハッキリと嘘偽り無く、とは

採用面接官

接客業をやったことがないのに接客業の経験があります!雇ってもらいたい気持ちはわかりますが、嘘を付くと後が大変になるんですよね。

ウソを付くくらいならば、接客業の経験はありませんが、というように前置きしてしまいましょう。この後の言葉に続くのは、声が大きい、上下関係の厳しい部活・職場だった、などで繋ぐとイイですね。

 

つまり、挨拶など接客に必要な基本マナーはしっかりできますよ、とアピールすることが大切です。ウソで塗り固めたことって、必ずどこかでボロが出るんですよ。

何となくですが、相手からウソの匂いを感じ取ったことって、あなたもあると思います。それなら、最初からドーンッとぶち当たってしまいましょう。

 

実は、私の初めてのバイトはドトールでした。高校まで勉強一筋で、部活もやってない、大学ではサークルも入らない。そんな人間が、正直に全てを答えて、雇ってもらうことが出来ました。

その1つの理由として、ハッキリした声で挨拶をして悪い態度で臨まなかった、というのがありました。変に着飾った言葉を伝えるくらいなら、ウソをつかず言うのが巡り巡って自分のためとなります。

必ず嘘偽り無く、ハッキリと伝えちゃいましょう。

 

何か1つでも武器を作っておく、とは

シフトは土日祝問わず、16時〜23時まで、週4日で・・・。こういう分かりやすい、使いやすい人がバイトで求められる人材です。

人材難じゃなければ、バイトなんてそこら辺のおっさんでもOKですからね。だから、あなたを雇うとあなたの店はこんなメリットがありますよ、と伝えるのです。

 

さっきの例を元にすれば、あなたは「週4日、土日祝OK、かつラストまで残ってくれる」のが武器。こんなバイトがいたら、確実に店長は雇いたくなるでしょう。

もちろん、面接時のあなたの受け答えも判断材料になりますけどね。でも、あなたが雇う側の立場で想像してみてください。

 

全員が今の条件のようなバイトばかりなら、シフト編成が逆に難しくなるくらい嬉しいことじゃないですか?さらに、もし早朝の人手が足りなければ早朝も出る、と言えば完璧なダメ押し。

この人を雇わないで誰を一体雇うのか!?というレベルです。

これくらい強い武器を持っていると、あっさり雇ってもらうことができますね。他には、人が入りにくい、集まりにくい時間帯に入れますよー、とか言うと好印象。

 

本当に、こんな理由で雇ってもらえるの?

ドトールをはじめカフェ系は競争倍率が高いと言われています。しかし、応募倍率を押しのけることができるのが、さっきも話した「扱いやすいバイト」なんですね。

この記事の最初の方でも話しましたが、バイトなんてすぐに替えが利きます。でも、扱いやすいバイトの替えを簡単に見つけることはできません。

 

バイトで来る人は、そこまで熱心に働こうなんてしないからですね。言い方は悪いですが、所詮「バイト」って感じなのを出しちゃいます。

そこに超が付くほど素直で、使いやすくて、柔軟に隙間を埋めてくれる人材が来たら・・・?絶対、雇っちゃいますよね!

 

だから、上の「何か1つでも〜」で、私は「時間」を例に出して話を進めたわけです。シフトに融通が利くバイトは最強ですよ、本当に。

ドトール以外でも、全てそうでしたからね!

 

あとは、ネットにある志望動機はあんまり参考にしない

アピールポイントとか色々ありますが、別に就活をしているわけじゃありません。あくまでも、あなたが雇ってもらうのはバイトです。

ガッチガチに求めてくるのは、それこそパチンコ・スロット店くらいでしょう。パチンコ店は年配層がメイン客なので、身だしなみや言葉遣いはドトール以上に厳しいです。

 

なので、最初のほうで話したように下手に着飾るなら、今の自分をそのまま出すべき。さらにいえば、ドトールでなぜ働きたいのか、ということを全面にアピールしましょう。

私の動機はシフト以外にも、時給が900円で駅チカだから大学から直帰すると沢山働ける。こんなことをハッキリと書きましたし、言いました。

 

それでも、バイトとして雇ってもらうことができるんです。だから、就活的な志望動機よりも大学生なら等身大の志望動機で。主婦なら過去の仕事で活かせることがあると思って、とかでOK。

難しく考える必要なんて、どこにもないんですよ、実は。

 

ドトールのバイトに絶対受かる志望動機のまとめ

  • 正直にハッキリと嘘偽り無く
  • 何か1つでも武器を作っておく
  • シフト関係は最強の武器
  • ネットの志望動機はあまり参考にしない

以上4つがまとめですね。シフト関係は最強の武器なので、下手したらシフトだけが評価されて採用されることだってあります。だから、できればシフトは可能な限り入るに越したことはありませんね。

入った後は、しばらくガッツリ働いていく。その後に、少しずつ変化させていくのでも問題ありませんから。ぜひ今回の話を参考にして、ドトールのバイトに受かってきてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる