MENU

ドトールでバイトするならタバコの煙を我慢しなきゃダメ?

東京オリンピックに向けて受動喫煙防止のために、様々な箇所でタバコの規制が行われていますね。全国展開するカフェチェーン店では、分煙と禁煙が進んでいます。

ドトールの場合は分煙の形を取っていますね。

 

それでも、タバコの煙というのは気になるものです。もし、働くとしたらやっぱり我慢しなきゃいけないものなのでしょうか?

それらを含め、店舗の選び方などもまとめてあるので、参考にしてみてください。

目次

ドトールでバイトするならタバコの煙は我慢すべき?

タバコ

結論から言えば、我慢しなきゃいけない、という表現。完全禁煙の場所であればいいのですが、お店的にタバコが吸えるというのが売り。

そのため、それを覆すことはできないんですよね、やっぱり。

 

我慢できないなら禁煙のカフェでバイトする

全店舗禁煙となると、最も有名なのはスタバでしょうね。喫煙可能ってお店は一切見たことありませんし、アメリカの企業ですから、その辺りも敏感です。

さて、じゃあドトールに全面禁煙店舗はあるのか、という疑問が浮かぶでしょう。これは、あります。

 

ただ、一部店舗のみな上に、基本は都市部(東京、横浜、名古屋、大阪など)の人が多い場所だけ。あなたが地方に住んでいる場合は、ららぽーと、イオンなどの大型商業施設が狙い目。

特にフードコートを共有している場合のドトールは、ほぼ禁煙の可能性が高まります。テナントを構えて、中に入れる形だとダメでけれどね。

分煙すら自分には無理っていう場合は、こういう視点で店舗を探してみてください。あなたが住む地域のどこか1箇所くらいは、ほぼ禁煙と代わりない店舗を見つけられるでしょう。

 

禁煙じゃないが分煙がきっちり行われている店舗もあり

分煙所

1階は禁煙で2階は喫煙と言う形で、階層から分かれているタイプ。または、もの凄い奥に隔離されている、もしくはフードコートにある透明な仕切り+ドアがある店舗

こういうドトールを探すのが、妥協案になるでしょう。オススメは階層が分かれているタイプの店舗ですね。

 

完全分煙型とほぼ変わりないので、安心して業務に付けます。ただ、問題点としてはテーブルの掃除やトレイ等の回収で足を向ける必要がある事。

この点だけは、仕方ないと割り切っていく必要があります。

 

私はタバコを吸わないし、煙も嫌いだけど

別の記事でも出していますが、粛々と働いていましたね。また、当時は禁煙、喫煙の席が分かれていない場所だったのですが、それでも気にせず働いていました。

この部分は当時から仕方ないかな・・・と諦めていました。だって、どう考えてもお客さんの方が偉いですからね。

あと、吸える場所って貴重なので取りやめたら売上下がっちゃうし。

 

タバコが無理と感じたらドトール以外のバイトを探してみよう!

忙しいとか、慣れないで辞めるのは少し違いますが、タバコは健康に関わってきます。そのため、無理して働く旨味って一切ないんですよねー。

今回の話を見てみて自分には無理だわ、と感じたらドトールとは別のバイトを探すことも考えるのがベスト。

 

その上で、どうしてもカフェで働きたい!だけど、タバコが嫌いだから・・・というのなら、上でも話した通り全店舗禁煙のスタバへ行きましょう。

私は別にスタバの回し者ではありませんが、個人経営系以外のカフェで働くなら、スタバは環境的に一番やりやすいと感じてます。

 

ピーク時は地獄だし、新商品メッチャ出るし、学生や子持ち主婦がたむろしてうるせーって思うけど、割り切りましょう。

何も無理してドトールを選ぶ必要はありません。あなたの今の状況に合わせたバイトを探すのが第一優先です。ぜひ、ドトール以外のバイトにも目を向けてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる