MENU

ドトールのバイトはピアスはOK?ダメな場合の解決策とは

ドトールのバイトをしたい時に、若い人や女性で悩むのがピアスやイアリング。さて、このアクセサリ類はバイトをする上で、どのような扱いになるのでしょうか。

目次

ドトールのバイトでピアスは付けっぱでいいのか?

ピアスはNG

結論から言えばNGなんですよねー。

 

飲食店は基本全ての店舗でアクセサリ類は禁止傾向

ドトールのみならず、全ての飲食店は基本的に全てのアクセサリを禁止傾向が強いです。(中にはゆる〜い店舗もありますよ)

ピアスが禁止される最もな理由というのが、「異物混入」の危険があるから。ピアスって中には装飾している物とかありますよね。

 

その装飾物がポロッと取れて、コーヒーやフードに混入したら大変。下手したら1店舗どころか、各チェーン店全ての問題に発展する可能性もあります。

それをバイト1人が責任を負うことができるでしょうか?普通に考えてできるわけがありませんよね。

 

日本って飲食関連に限っては、非常に神経質な国だと私は思っています。事実、ネット以外にもニュースでも大々的に取り上げられやすいですよね。

テレビで出なかったとしても、ネットニュースで出ているなー、と感じることがあるでしょう。これらを経営者や店長視点で考えると、如何にピアスなどのアクセサリをNGにしたいか

というのが理解できるのではないでしょうか?

 

ドトールは客層が年配が多めなことも関係する

カフェの客層

最もな理由として、ドトールの客層って年配客が他のチェーン店より高めなんですよね。理由は他より安く、住宅街の近く、入りやすい、注文しやすいなどの理由があります。

年配の人って、異様なレベルで他人に厳しい人がいるんですよ。言葉遣い、話のテンポ、身だしなみ、お釣りの渡し方。

 

ホント厳しい人が中にはいて、クレーマーレベルの人も紛れているんですよね。そんな人からクレームがこないようにするには、事前に対策するしか無いのが現実。

となると、やっぱり人は第一印象である見た目が大事って結論になります。若い世代はピアスなんて普通って意見ですが、50,60代は不良のする物って認識を持つ人が多め。

モンスターな客って年配層が多めなので、それらを回避する意味ではピアスがNGなのも理に適っているわけなのです。混入が危険なのも事実ですが、こういったお客さん側の視点があることも覚えておいてください。

 

ピアス問題の解決策1:仕事中のみ外すことでOK

さて、話をピアスの話しに戻しますが、ピアスはバイト中のみ外すのでOKです。これは私の周りで付けていた人全員がそうでした。

バイト中以外であれば、アクセサリ類を付けていることは何も咎められません。どうしてもピアスがしていたい!

 

ピアスしっぱなしじゃないと、穴が塞がっちゃう!という意見もあると思いますが、お店としてはリスクを犯したくありません

特別な理由がある・ないに関わらず、ピアスを外せない。その場合は、ドトールでバイトすることは諦めるしか無いですね。

 

ピアス問題解決策2:ドトールへのバイト応募時期をズラす

ピアスは最初に穴を開けて、安定させるまで最低1ヶ月ほど掛かります。その間はドトールとは別の短期バイトを軸に、お金を稼いでいくのも1つの手。

ピアスの穴さえ安定しちゃえば、あとは数時間くらいであれば問題ありません。もちろん、ここはあなたの「耳の厚さ」にもよりますけれどね。

 

それまでは我慢して、割りの高めな1ヶ月〜2ヶ月くらいの週末短期バイトを転々とするのがオススメ。色んな職に手も出せるので、ドトールじゃなくてこっちがいいかも・・・!

なんて考えて、実はそれが自分の適性だった、ということもあります。急がずに、まずは少し遠回りしてみるのも1つの手なので、頭の片隅にでも置いておいてください。

 

その他:ピアスを隠してしまうのはどうなのか?

ピアス

  • バレた時にクビになる覚悟
  • 問題が起きた時に認める勇気があるか

この2つに覚悟した上で隠し通せるのであれば・・・という感じ。私個人はオススメしません。ぶっちゃけリスクが高すぎですからね。

周囲でやってるよーって意見もありますが、問題になってからじゃ遅いです。あなたが開けている、開けていないというのは、私にはわかりません。

 

ですが、今一度自分が飲食する時に異物混入していたとしたら、どう思いますか?絶対に、その店舗には行きたくないですよね?

それを相手に起こしてしまう危険性があるかもしれない。これを考えたら、やっぱり隠してでもピアスを開けたり、着け続けるのは止めたほうがいいですよね。

着け続けたい場合は、バイトを取るかピアスを取るか。どちらかの選択をしなければならないことを、覚えておいてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる