ドトール

ドトールのバイトの仕事内容!マニュアルや指導ってあるの?

ドトールのバイトってどんな仕事をしているのか?バイトをしようと考えている人には、すごく大事なことですよね。

見事バイトに受かった後に、どんな仕事を任されたりするのか。事前に知っているのと、知っていないのでは大きく違ってくると思います。ぜひ、この記事を参考にして、準備をしていってください。

ドトールのバイトが任される仕事内容とマニュアル

  • キャッシャー
  • ドリンク
  • フード
  • 洗浄

この4つがバイトが行う基本の仕事内容。マニュアルと指導は洗浄以外で、必ず付くように指導されているのが普通です。

マニュアルや指導が無い場合は地雷店舗なので、すぐに辞めてしまいましょう。バイト歴が長くなってくると、他にも少し別の事を任されたりしていきます。

例えば、発注とかが良い例でしょうか。その話は、別の機会か追って詳しく話しましょう。

 

キャッシャーってどんなことをやるの?

キャッシャーのレジ

お店で買物をすれば、どこにでもいるレジ係のことです。注文を聞き、お金をもらい、商品を提供するのが一連の流れ。

一番最初にここへ配属されることが多いですね。慣れるまでの間は、バイトの先輩が横に立ってくれて手取り足取り教えてくれます。

さっきの声だと小さすぎて、人が多くて話し声が大きい時に聞こえないかもね、とか。クレカ支払いで分からない時なども、先輩が手助けしてくれるので安心してください。

 

慣れてくるとお客さんが少ないときは、キャッシャーがホット系ドリンクの提供も行います。ボタン1つで出て来るエスプレッソ・ブレンド・アメリカン・ラテ・ティー辺りは、キャッシャーが注文を聞いて提供。

レジ前のポップにある焼き菓子の補充なども、キャッシャーが担当することが多め。一番お客さんと接触が多いので、キャッシャーが嫌だとドトールのバイトはツライかも

 

ドリンクの仕事は最も体感時間経過が早い

エスプレッソ

キャッシャーに慣れたバイトが、次に配属されるのがドリンク。モカのようにスチームを使う飲み物などを作るときは、ドリンクの人のお仕事。

アイス類もドリンク担当の人が基本行います。ドリンク提供を素早く提供することに命を掛けてるんじゃないか、というくらいスピード勝負。

ボタンを押すか、冷蔵庫から引っ張り出すか、グラスに注ぐか、スチーム使って提供か。ひたすら、これだけを行うのがドリンク担当。

 

そうそう、たまーに注文が入るショーケースのデザート提供もやりますね。友達とどこが一番頭を使わないかって話になったら、ここ以外無い。

と言えるほどテキパキ動き続ける場所。あと、待っているお客さんが多い時に、次のお客様〜と言って注文を聞きます。

 

前のお客さんが精算が終わっていたら、キャッシャーに注文内容を伝えるのもドリンクの隠れた仕事。他には、手が空いた時にはドリンクの残量、裏に行ってアイスコーヒーを落とす。

フードの手伝い、お客さんのコーヒー豆を挽く、というのもやりますねー。やる仕事が多いので、慣れないうちはキャッシャーより大変な場所かもしれません。

フードの仕事はフードを作ること!

ミラノサンドっぽいの

3番目に配置されるのがフード。ここまでくれば、基本的に全ての業務ができるようになっているのが前提。ミラノサンド、トースト、朝カフェ類などの食べ物系は全てここの担当者が作ります。

フードを提供する以外の仕事としては、仕込み在庫確認があります。例えば、ミラノサンドAの仕込みはハムを重ねるんですが、それを手作業で行うんですよ。

 

他のサンドも同様に、ペーストの仕込み、ゆで卵をカットして、ツナ混ぜて〜とか。そういった仕込みを店長やバイトリーダーと在庫確認しつつ、適時追加したりしていくのが仕事。

お昼時以外はぶっちゃけドリンクよりも暇なので、ドリンクの補佐をすることが多いです。早朝、ランチを避けられたらすご~く楽な場所。

 

洗浄は他の場所のフォローも兼ねている

グラスとトレイを下げて洗浄機に突っ込むので、私の周りでは精神修行とか言われていた場所。他には、フロアに出て開いているテーブルを拭いたり、お客さんを案内することもあります。

配置に関しては店舗構成にもよりますが、ここは2番目か3番目に担当させられるのが一般的。洗浄は2種類あり、さっき話したグラス&トレイを洗浄機へ入れること。

 

もう1つはタバコをゴミ箱に捨て、水で濯ぎタバコ用の雑巾で水気を取ること。他には、フードやドリンクで使ったタオルを漂白剤につけたり、というのも仕事ですね。

洗浄担当は、店舗が本当に忙しい場合は他の場所に手助けに入ることも。さっき話したドリンク・フードのどちらか、もしくは両方にヘルプとして入ります。

 

フードまで手が埋まっているときは、コーヒー豆を挽くこともありますね。あとは極稀に電話対応も必要でした。電話は店長やバイトリーダーが担当するのですが、たまにいない時があるんですよ。

その時は、手が空きやすい洗浄の人が電話に出ることになっています。

 

他には発注、日中の金額計算、近隣店舗に借り出しなどもある

1年弱くらい働くと発注、日中のレジのお金の計算などを任されます。ここは店長や副店長、または後述のバイトリーダーが指導。

他にも駅チカなど店舗だと、新商品のサンド系が売り切れることがあります。その際に足りないパンやカップ、材料などを近隣店舗に借り出しにいくことがあるんですよね。

 

それを行うのもバイトの仕事。連絡はバイトリーダーをはじめ責任者がしているので、あなたは連絡先の店舗に向かうだけでOK。

あんまり難しいことではありませんので、安心してください。

 

バイトリーダーはシフト組みや責任者的な仕事を振られる

責任者の仕事

長くバイトを務めるとリーダーに昇格するチャンスが来たりします。夜に働く大学生、フリーターの人がリーダーになる事が多め。

リーダーとなった場合は、働いている時間の責任者となるため結構めんどくさい。発注の数値入力とか、クローズ作業中にレジ閉め、日報、鍵閉め。

 

他にも、新商品の説明を受けていたりと色々とありますね。私の所は途中からリーダーという仕組みが無くなりましたが、今でも基本はあります。

得することといったら・・・基本給がほんの少しあっぷするくらい、かな?それを考えるとリーダーは基本的に疲れるので、よほど理由が無い限りやらなくていいです。

店長にお願いされても、サラッとのらりくらりとかわしましょう。

 

ドトールのバイトが行う仕事内容のまとめ

こうして1つ1つ解説してきましたが、どうだったでしょうか。難しい、忙しそう、大変そう、つらそうって感想が浮かび上がったかもしれませんね。

でも、意外と慣れてしまえば簡単ですよ。それに楽しいので、バイトに応募しようか悩んでいる場合は、ぜひチャレンジしてみてください。